ウーマノミクス推進キャンペーン “あなた”に贈るウーマノミクスメッセージ

優秀作品のご紹介

  • 男性への優秀作品メッセージはこちら
  • 女性への優秀作品メッセージはこちら
  • 自分への優秀作品メッセージはこちら
  • スタッフオススメクスッと笑顔になるメッセージ

男性への優秀作品メッセージ

校長先生へ
愛彩雅優聖ママ(42歳・女)

「お母さんはエライ。お母さんは頑張ってる。」不意に掛けられた言葉。フーッと楽になり、今でもその言葉を励みに、5人の子育て奮闘中。感謝です。
エピソード
たまたまお迎え時に、校長先生が、ただその言葉だけを掛けてくださり通りすぎて行きました。子ども達だけでなく、親にも目を向け、余裕がなくなっていた私を、力付けてくれた事が嬉しかったです。

子育て世代の男性へ
青木 紀夫(38歳・男)

できない、と限界を決めない。女性も家事、子育ては初めて。カジダン、イクメンという言葉を卒業して日常にしよう。

夫へ
浅沼 南(30歳・女)

私たちに娘が生まれ早1年。パパ1歳おめでとう!母子ともに笑える今があるのは、パパががんばってくれたおかげ。私からイクメン大賞を授与します!
エピソード
第一子の娘が先日1歳になりました。私もママになり1歳を迎えたということで記念写真を撮りました。娘もママもパパも1歳。この1年は体力的にも精神的にも3人含めみんな本当にがんばった1年でした。みなさんのおかげです。ありがとうございます。

父へ
磯 颯太(10歳・男)

お父さん頑張れ。木曜日だけがお休みなのによくうどんやおそばとか作ってくれるよね。とってもおいしいです。これからも仕事と家事両立がんばってね!
エピソード
お母さんがとても忙しい時に食べ物をつくってくれている。お店の仕事と家事を両立している父は凄いと思います。

夫へ
稲村 里奈(31歳・女)

輝いていない君とは結婚してない。仕事して、輝いてる君と結婚したんだから…一緒に両立頑張ろう!いつも喧嘩ばかりだけど、私が輝けるのはあなたのお陰です!
エピソード
娘を出産し、職場復帰した際に、時間内に仕事をこなせず、帰れば育児や家事に追われ、弱音を吐いた時に言われた言葉です。日々は喧嘩も多いですが、お互いを認め合うことが重要だと思います。

夫へ
大西 有希(30歳・女)

2人の子どもに恵まれ私が仕事を続けていられるのはあなたの理解や協力があるからです。いつも家族のヒーローでいてくれてありがとう。パパ大好きです。
エピソード
いつもは無口な主人ですが、2度の育休と復職で悩んでいた私にアドバイスや励ましをくれたり、復職後も子どもが体調を崩すと、子どものこと、私のこと、私の仕事のことを気にかけてくれて、いつも感謝しています。家族の前では決して疲れた顔をしないパパはいつも家族のヒーローです。

夫と息子へ
川上 かおり(39歳・女)

「パパ、ご飯作ってくれてありがとう。」息子の作文に苦笑いしながらも家事に協力的な貴方に感謝。仕事に夢中になれるのは、そばに貴男達がいるから。
エピソード
息子の小学校入学をきっかけに、仕事で遅い私に代わって、先に帰宅する夫が夕食を作ってくれるようになった。得意料理は丼モノ等の男料理。朝食と休日は、心と時間と栄養を込めて作るのが私の役割。息子の参観日での作文に、私も作っているんだけどなぁ、と思いつつ、彼は寝ていて作っている姿を見てないから知らないのでは・・・?!と改めて苦笑い。物事に順番をつけるとしたら私は迷わず仕事が一番になるけれど、そう思えるのも出来るのも、自然体で家事をする夫と、マイペースでいやされる息子がそばにいつもいてくれるから。ありがとう。

世の男性へ
川﨑 雅子(52歳・女)

「女性の活躍」が経済活性のキーワードになっていますが女性が活躍できるのは家族の愛と協力、職場のサポートのおかげ!男性のみなさんありがとうございます。
エピソード
私は大学卒業後30年間フルタイムで働いてきましたが、夫が子育てを一緒にやってくれたから続けてこられました。男性の活躍の陰に女性有。女性の活躍の陰に男性有。互いに感謝の心を持って日本を元気にしたいと思います。

夫へ
きゃさりん(31歳・女)

春から社員として働き、夜遅くなる私の代わりに娘の世話と夕飯を毎日作ってくれてありがとう。私が会社で毎日働けるのはあなたの支えのお陰です!
エピソード
子供(小6)がいるにもかかわらず、そのハンデを感じさせないほど普通に夜勤(23時上がり)もありで、小売りで働くことができました。その社員になる後押しと支援をしてくれたのは夫です。社会と関わるには誰かの支えが必要だと強く感じました。

父へ
猿田 康輝(10歳・男)

朝早くから遅くまでお仕事に行っている父へ。いつも自分が寝ている時に帰ってきて風呂そうじやお皿あらいなどの家事をしてくれてありがとう。
エピソード
いつもお父さんは、朝7時すぎに家を出て会社へ行っています。帰ってきても家事をしてくれてありがとうの気持ちを書きました。

父へ
白石 結衣(6歳・女)

わたしがだいすきなたまごやきをいつもつくってくれてありがとう。おとうさんがつくるたまごやき、おいしいよ。

夫へ
鈴木 恭子(45歳・女)

パパへ いつも娘のお弁当をつくってくれたり、洗濯やお風呂掃除まで本当にありがとう。我が家には立派な主婦はいませんが、すばらしい主夫がいます。
エピソード
お互いフルタイムで働きながら、お弁当作りや家事まで主人にはいつも頭がさがります。わたしが、働きつづけられるのはすばらしい主人のおかげと感謝しております。

夫へ
曽根 晶子(36歳・女)

文句を言わず土日に子供と遊んでくれて、私の仕事の時は、掃除まで。いつもありがとうを言うけど、当然の事をしてるだけ、と返事だね。本当ありがとう。

夫へ
高田 夕子(35歳・女)

「家のことはやる。選択を狭めないで」と、理想に挑戦する私を応援してくれてありがとう。仕事はもちろん育児家事ほとんどこなすパパ。私の自慢です。
エピソード
会社で初めて男性育休を取得するほど子育てに積極的な夫です。一方"女性的"なサポート業務から抜けたくて転職を迷っていた私でしたが、もっと自由に選んでいいんだと背中を押してくれました。

息子へ
髙橋 まゆみ(47歳・女)

時々だけど、帰りの遅い私の為にごはんを作ってくれてありがとう。高校生になって色々と大変なのに、家の事も手伝ってくれてありがとう。

兄へ
竹内 周次(8歳・男)

兄ちゃんへ。いつもぼくたちにカレーライスやたまごやきをつくってくれてありがとう。あんしんしてばあちゃんとママとパパがおしごとにいけます。
エピソード
2才年上の5年生のお兄ちゃんは、家の大人が仕事でいない時に3年と1年の弟たちの食事を作ってくれるそうです。先日は9時まで帰ってこられなかった親に代わりカレーライスを作ってくれたそうです。家庭科で習ったばかりのカレーはにんじんがガリガリ固かったそうでしたが、「とてもおいしかった」と話してくれました。

夫へ
田嶋 ヒサ子(39歳・女)

いつも育児に料理に洗濯に掃除ありがとう。家計簿つけてるの気づいた時にはびっくりしたわ。共働きの私達。なるべく半分手伝うわ。
エピソード
育メンの見本の様な夫。育児休業も取りました。そして器用。対する妻は不器用で家事は大嫌い。口癖は「お仕事やめてもいい?」そんな妻を叱咤激励しつつ保育園児5歳の娘を育てる夫。我が家の日常です。

直属の上司へ
千葉 諭美(53歳・女)

ホンマモンのイクボスは、軽やかにユーモアを持って、育児も部下の育成も、スマートにこなされる!家族への愛情と、部下への配慮いずれも満点のイクボス!
エピソード
直属の上司は、同じ会社の奥様と保育園の送り迎えや、病院の付き添いを分担されたりしつつも、楽しそうにその話題をお話しされて、自然と私達部下の共感を取り込んでいます。この12月には第二子も誕生予定!応援したいです!

夫へ
浜田 景子(38歳・女)

仕事、忙しいのに家の事してくれてありがとう。あなたの「いいよ、座ってて。」の一言に感謝してます。

夫へ
原口 真由美(32歳・女)

「俺だって親なんだから、任せて!」と、同じ気持ちで育児に向かい合ってくれる旦那さん。この言葉に支えられ、ワーママがんばってます。ありがとう♡
エピソード
初めての育児で、なんでも私がやらないと!と責任感ばかり強くなっていたとき、旦那さんがかけてくれた言葉です。肩の荷がフッと軽くなった事を覚えています。0歳児を保育園に預け、仕事復帰し大変な事も多々ですが、夫婦二人三脚で楽しくがんばっています!

夫へ
福島 早苗(44歳・女)

「100点でなくていいから」夫からのはげましのエール。仕事や子育てでいっぱいいっぱいの身にやさしいコトバ。救われる想いがした。ありがとう!!
エピソード
手を抜くことができないタイプなので、このひと言でスーッと気持ちが楽になりました。50点でも60点でもいいからしっかりがんばります。

夫へ
前田 みち子(43歳・女)

毎日食事・洗濯と家事を支えてくれてありがとう。3人の子供を育てながらも薬剤師として地域の支えになる仕事を全うできる事に心から感謝感激しています。
エピソード
私の家は両方(私も夫も)母が他界しており、又両実家とも地方の為、本当に頼れる親戚がいません。しかし、夫は毎日食事の仕度にも協力してくれ、子供が食物アレルギー持ちで大変だった離乳食作りも私以上にこなしてくれ、洗濯、掃除と全てのエネルギーを使って家事をこなしてくれました。おかげで私は正社員のまま退職する事なく今も薬局で働けています。伝えられなかった感謝を表したいと思いました。

父へ
みえよし(7歳・女)

いつもありがとう。いつもニコニコしてくれてありがとう。いつも色々なことをしてくれてありがとう。いつもがいっぱいです。
エピソード
娘が書いたメッセージをそのまま書きました。

夫へ
やよい(33歳・女)

育児休暇を取得してくれてありがとう。あなたのおかげで上の子は寂しい思いをせず、笑顔で妹を迎えることができました。これからも一緒に育児楽しみましょう。
エピソード
妊娠中からなんとなく私に甘えることが増えた3歳の長男。産褥期の私、生まれたての赤ちゃん、そしてお母さんがいなくて不安になる長男、みんなを支えてくれたのはあなたです。いつも家族を一番に考えてくれる夫に心から感謝。

このページの上へ

女性への優秀作品メッセージ

妹へ
会沢 文那(9歳・女)

転んでも泣かずに自分で立ち上がる妹を見て、社会に出ても力強く生きてほしいと思いました。大人になっても、おたがいにがんばろうね!

友人へ
秋山 凪紗(11歳・女)

ピアニストを目指す歌がうまくて頼りになる“ひの”。習い事と家の用事で休日は余り遊べないけど、夢に向かって頑張れ。私も料理人になるために頑張るよ。

娘へ
アケママ(54歳・女)

社会人3年目のあなたは初めての一人暮らし。男性と同じ総合職で頑張っていますね。笑顔の裏に多くの涙が。ママは一生あなたの応援団長です。
エピソード
一人暮らしの娘は、とても難しい京都の土地柄そして人に大変でした。(東京生まれで配属先が京都)今は少し慣れてきましたが、まだまだ泣いてTELがある事も。これからも支えていきたいと思います。

職場の女性へ
吾妻 大輝(25歳・男)

女性社員が決意表明をした。女性初の女役員になります。その場に居た人が何と思ったかは分かりません。私はこう思った。可能性はある心から、頑張れと。

通学路で会う女性へ
安西 璃織(11歳・女)

雨の日も風の日も雪の日も横断歩道で手旗を振り続けてくれる小泉おばあちゃん。おはようございますしか言えないけれど心の中ではありがとうなのです。
エピソード
市役所の前の交差点では、何十年も前に附属小の女の子が車にひかれて亡くなっています。このような悲しい出来事があってから小泉さんは毎朝この交差点に立って私たちの安全を見守っているのです。私は6年生になりもうすぐ卒業ですが、小泉おばあちゃんは交通安全から卒業する気配はなさそうです。いつまでもお元気でがんばってほしいです。

職場の皆様へ
石川 佳孝(55歳・男)

母であり、妻であり、大切な仲間である貴女。“女性活躍”だって頑張りすぎないように。できることをできるだけやりましょう。一人ではなく皆で一緒に。

母へ
石崎 想大(6歳・男)

ままだいすき。はたらいてるままもだいすき。おうちのままもだいすき。おこってるままもだいすき。これからもがんばってね。
エピソード
今年1年生になった子が習ったばかりのひらがなで書いてくれました。最後に「笑ってるママも大好き」と書いてほしかったのですが、そう思い通りに行かないのが子育て・・・。2人の子を育てながら働く母、もうすぐ10年。毎日寿命が縮むかと思うほど怒鳴ってもいますが(笑)、怒鳴れる幸せを、そして笑える幸せをかみしめています。

母へ
板尾 侑磨(11歳・男)

お母さん、いつもご飯を作ってくれてありがとう。でも最近は自分でもご飯が作れるようになったので、これからは自分で出きるようにがんばります。

職場の後輩へ
伊藤 麻美(30歳・女)

“じゃあまた一年後”と職場を去った彼女。産休も育休も、迷いなく選択して格好良かったな。また一緒に働ける日まで、お互いのフィールドで頑張ろう。
エピソード
入社してから今まで、一番身近でお互いを見てきて、たくさんの悩みを相談し合ってきた後輩が、出産することになりました。仕事を辞めてしまうのでは・・・と妊娠報告のその日に気になって聞いてみると、「辞めないです」と即答。待ってるねと話すと、戻ってきたらフォローして下さいと言われ、私も彼女のいない間精一杯頑張らなくてはと思いました。

娘へ
大塚 美樹(40歳・女)

ママ!さすがだね☆って、計画的にほめてくれる娘は、私の一番の応援団。Thankyou☆
エピソード
11歳の娘作【ママ取り扱い説明書】内に”計画的にほめてあげましょう!”の文言がありました。いつも応援してくれているんだな~と、とても嬉しかったです(笑)

母へ
大山 宗一郎(10歳・男)

いつも帰りがおそいお母さんにワガママ言ってごめんね。お母さんは、ぼくたちのためにがんばって働いてくれているんだよね。お母さんありがとう。
エピソード
仕事から帰って来たら、息子からこのメッセージを渡されました。いつも帰りが遅く、ゆっくりと過ごす時間を持てなくて申し訳ないなと思っていたので、涙が出ました。

職場の女性職員へ
岡留 孝之(男)

会社には9輪のなでしこが置かれた場所で各々の個性を生かし、きれいに咲いています。風雨にも負けず、健気な姿にいつも感謝しています。

母へ
奥山 凜乃(14歳・女)

たくさん迷惑かけてごめんね。ママもいろんな事でつかれてるはずなのに家族の前ではいつもポジティブでいてすごいと思う。そんなママを見習いたいな。

祖母へ
神田 奈那(12歳・女)

毎日「おかえり」と言ってくれてありがとう。ばぁちゃんが待っていてくれるから明日も学校がんばれるよ。
エピソード
娘が冷蔵庫にあるメッセージボードに書いた文です。両親、共働きのため、同居している祖母が娘の帰りを待っています。

母へ
黒柳 昂大(11歳・男)

いつもぼくたちが、学校に行っている間薬局で働いてくれてうれしいです。帰ってきてからも医学の勉強している母はとても立派です。がんばれ!
エピソード
いつもぼくと弟が夜おそく水を飲みに1階にくると、必ず母は熱心に医学の勉強をしていたからです。

母へ
小林 葵(11歳・男)

お母さんへ、ぼくのお母さんはすごい人です。おそくまではたらいているのにぼく達の家事までちゃんとしてくれています。ありがとう、お母さん。
エピソード
お母さんはいつもつらそうでたいへんそうなので、これを見て少しでも元気が出るといいなぁと思って書きました。

母へ
近藤 佳子(10歳・女)

いつも私のためにがんばってくれている母。嵐の日も雷が鳴ってても熱があっても私のために仕事へ行きます。私も母のようにりっぱなお母さんになりたいな。
エピソード
母は、いつもどんなときでも笑顔で「行ってくるね!」といってくれるので、それを短くまとめました。

妻へ
佐久間 哲雄(44歳・男)

いつも掃除・洗濯・ゴミ出しをしているのはお手伝いだからじゃないよ。ウーマノミクスな奥さんと一緒に生きる決意をしたから。
エピソード
奥さんは女性の社会進出を当たり前と考えます。だけど家事と子育ての分担を夫に強要することはありません。だから私もお手伝いという認識を持っていないんです。

母へ
笹原 桜利(7歳・女)

いつもかんじゃさんにやさしいほほえみをかおにうかべているよね。そんな母が大すきです。またおうちでもほほえみをかおにうかべてね。おうえんしてる。
エピソード
桜利がちゅうしゃにいっているときに、ははがいて患者さんとやさしいほほえみが顔にうつっていました。それをみて、やっぱりやさしいなと思いました。

母へ
島村 桃菜(11歳・女)

シングルマザーと言う言葉が私は嫌いだ。けれど私はそんな母が大好きだ。私のやりたい事を全力で応援してくれるし、何より明るい母に心からありがとう。
エピソード
お母さんに、ふだん「ありがとう」と言う機会がなかったので、この、ウーマノミクス♡メッセージをとおして、自分の気持ちをお母さんに伝えてみました。

女性車掌へ
杉田 実香(37歳・女)

おはようございます。爽やかな車内アナウンスありがとうございます。寝ている人スマホを見ている人etc・・・いますが、私は聴いてます。元気をもらっています。

母へ
高島 邦治(36歳・男)

毎日お母さん業ご苦労様です。家族の為といっても、365日他人の為に働く。僕にはとても出来ません。お母さんの笑顔が家族の絆です。いつも有難う。

母へ
田中 友裕(8歳・男)

中学校の先生の母さん。一人で学どうは少しこわい。母さんもオレに会いたいだろう。でもオレがんばる。いつも母さんのことおうえんしてるよ。
エピソード
学どう行ってるときに考えた思いをそのまま書いた。

女性の皆さんへ
堤 向日葵(12歳・女)

女性だから無理なんてかってに決めてほしくない。ウーマノミクスを実現しよう。日本の未来には、女性の力も必要だから。一歩一歩、歩んでいこう。
エピソード
ウーマノミクスを知った。女性だから無理なんてかってに決めつけてほしくない思いが出てきました。ウーマノミクスを実現したい、それは、日本の未来に関係します。 未来には、女性の力も必要です。一歩一歩、歩んで行きましょう。

母へ
都宮 由希(9歳・女)

子育ても大変な中、病気の人を救うお母さん。時には夜中の3時まで勉強して大変だと思います。だからがんばってね。きっとお母さんなら信用される医者になれる。
エピソード
いつも、お母さんは、夜中まで、ずーっと、パソコンで、学会などの作業をしています。その中でも、この4人姉妹を大切に育ててくれるので、その感謝を伝えたかったので、この手紙を書きました。

母へ
富田 心聖(17歳・女)

保育士として子どもたちの先生であり、私の人生の先生であるお母さん。大切に育ててくれてありがとう。心身ともにもっと成長して誇らしい娘になります。

同僚へ
なおとママ(50歳・女)

18年前息子を預けて働く私を支えてくれてありがとう。今では2児の母と仕事を両立するあなたを尊敬します。今度は私があなたの応援団長です。
エピソード
子供が2歳の時に異動になった会社で仕事を教わり、時間制約のある私のフォローもたくさんしてもらいました。彼女がいなければ、仕事も続けていられなかったかもしれません。

妻へ
中川 実(61歳・男)

結婚30年「2人腕白坊主の子育て」「新しい娘との出会い」「3人の孫の誕生」 走り続けた君 「これからの穏やかな暮らしを今度は僕が伴走するよ」 
エピソード
結婚30周年を記念して

妻へ
中澤 正好(56歳・男)

「一番好きな食べ物は?」って子供に聞いたら、「母ちゃんの卵焼き」だってさ。料理人の僕が作ってやったどんな手の込んだ料理よりもだよ?恐れ入ったよ。

妻へ
中島 正史(52歳・男)

すいか大好き!!そんな貴女の分は、少し厚めにカット。毎日の家事育児から会社勤めまで言葉に出せない「ありがとう」をスイカにそっと込めて。
エピソード
6歳年下の妻は、いつも元気だと思っていると、時々「疲れた」「腰がいたい」と言う時があり、とても心配になってしまいます。365日頑張っている妻に私が夕食を作る時には、本当に大好きなスイカを少したくさん食べてもらっています。(妻は気づいていないけど)

母へ
中務 詩色(7歳・女)

おにママなのにあたまがいたくなって、ないちゃうよね。そんなときは、こうちゃんとわたしで、おてつだいがんばるから、むりしないでね。
エピソード
ふだんは、パート(介護職)をしているのですが、頭痛持ちの為、急に体調が悪くなり、家族や仕事先に迷惑をかけてしまい泣いている時を見て思ったんだと思います。女の子はやはり少しの事に敏感で気持ちを受け止めてくれるので助かります。

母へ
中山 和那(12歳・女)

いつも学校へ行っている間に仕事をがんばっているお母さん。つかれているはずなのに、笑顔を絶やさないお母さんがいる家は、とても安心します。
エピソード
私が家に帰ってくる直前にお母さんも帰ってきて、お昼ご飯も食べていないはずなのに少しもつかれたそぶりを見せないお母さんをすごいなと思って書きました。

母へ
西田 瑞紀(10歳・女)

お母さんは、幼稚園の先生だから、小さな子どもと真剣に向き合って子ども達のことをよく考えているね。私も小さい子達に優しくできる人になりたいな。
エピソード
今年の4月から、私の通っていた幼稚園でお母さんが先生としてお仕事をしています。だから、今までより、お母さんの仕事に興味がわいてきています。

売り場の仲間へ
韮澤 ゆみ(51歳・女)

母・主婦・労働者3役こなしてきた私達。職場がアナログからハイテクに進化して日々悪戦苦闘してるけど、これからもパワー全開みんなでがんばろー!!
エピソード
お店で働くパートさん、20代は数人。30代40代もまばら。50才以上の女性がほとんど。60代も多くいらっしゃいます。人材は老化しているにもかかわらず、会社のシステムはハイテクとなり、ほとんどがパソコンで管理されるようになった。ご注文~各種問い合わせまですべてパソコンが必要となり、毎日悪戦苦闘してます。

所属長へ
根岸 奈保子(40歳・女)

「業務命令!今すぐ熱が出たお子さんの元に帰りなさい!貴女の子どもは、私にとって大切な孫だから。」そう送り出してくれた所長。安心して母に戻ります。
エピソード
H28年4月から保育士として復職しました。2才の男の子をかかえての仕事。仕事先に迷惑かけまいと、熱を出した時用に、実家、親戚と預かり先を探しておいた。そんな時、保育園から息子が発熱したと電話。すぐに実家にお迎えを頼もうとしたところ、所長からの一言。「私も先輩たちにそうやって子育てを支えてもらったから」と。私もいつかそんな上司になりたい。安心して子の看病に戻れ幸せでした。

母へ
はじい(13歳・男)

おかえりが言えなくてごめんね、と言うけど大丈夫だよ。おかえりのありがたさが前よりずっと分かるから。お仕事がんばってね。
エピソード
以前よりも仕事が忙しくなり、僕より帰宅時間が遅いことをいつも気にしているので。

母へ
藤木 美鈴(20歳・女)

人生の先輩であるお母さんはお仕事ではみんなから頼りにされて、お家に帰ってくれば素敵なお母さんに戻ります。私にとって世界一のたった一人の母です。

妻へ
藤木 愛(50歳・男)

いつも出張ご苦労様♡地方の土産が楽しみだよ。子供たちもパパが作るしょっぱい卵焼き慣れてきたみたい。でもママのハンバーグには勝てないかな。
エピソード
共働きで、ここ1年程出張が多い部署へ移り、両立に大変苦労している様で、たまに私も料理しているのですが、やる事によって大変さが分かり、感謝することができた。

女性役員の上司へ
pen(45歳・女)

出産後の再就職。「あなたのやる気次第」と仲間に迎え入れてくれた。早いもので7年。子供と共に育てて頂きました。感謝の心で新しい仲間を迎えます。
エピソード
1歳3か月の子供と一緒に再就職。ここだけの話ですが、子供がいると病気の時は?どうするのと面接で話されて・・・長い就職活動期間になりました。子供がいる事が理由ではなく、あなたが仕事に対し、どう思うか、「あなたのやる気」について、聞きたいと、話をされました。あの日から7年「あなたのやる気」私の木は大きく育ちました。子供も大きく育ちました。日々感謝。厳しい中にもやさしさがあふれている女性役員(上司)にありがとうの気持ちと新しい仲間に大きな「やる気」を育ててもらいたいと思います。

母へ
星野 麻衣(10歳・女)

いつもありがとう!!この前ママがやっている仕事をやったら、ママがどれだけがんばっているか分かりました。私に手伝えることがあれば言ってね。ありがとう。
エピソード
ママがいそがしそうで、手伝ってあげたくて、やってみたらすごくたいへんなことで心からありがとうと思いました。

母へ
星野 誠(17歳・男)

お母さん毎日自分の寝る時間を削ってまで朝早くから夜遅くまで家事だけでなく、アホ三兄弟の面倒まで見てくれて本当に感謝しています。マジ最高!!!

娘へ
ホトトギス(56歳・女)

体力勝負の厳しい力仕事を、汗で流れるからと化粧もせずに、夏は真っ黒になって夜遅くまでご苦労様。身体に気をつけて、楽しみながら頑張ってね。

母へ
本間 春香(12歳・女)

学校に行く前のげんかん先、「ママ、仕事がんばってね。」の一言でママを助けたい。
 
エピソード
お母さんが家に帰ってきたとき、すごくつかれていたので、朝、助けたいと思ったから。

姉へ
松下 修也(11歳・男)

いつもおかあさんがいないときごはんをつくってくれてありがとう。おねえちゃんが結婚したらお母さんはぼくにまかせといて。いままでありがとうね。
エピソード
昼も夜も働くママに代わって、学校のお手紙や教材の準備をしてくれるお姉さんがもうすぐ結婚してしまうそうです。今まで宿題を教えてくれたり、ゲームをしたりずっと一緒にいたお姉ちゃんがお家からいなくなってしまうのはとてもさびしいけれど、これからは長男として家やママを守らなきゃいけないと言っていました。

妻へ
丸尾 亨(62歳・男)

ゴミの出し方大丈夫。洗濯物もOKだ。食器洗いはおてのもの。あとは男の手料理か?さあいってらっしゃい外の世界へ飛び出そう。
エピソード
定年をひかえた頃から家事応援をはじめた夫から。

妻へ
まるさん(56歳・男)

共働きで家事ばかりか、両親の手伝いまでもこなす頑張り屋のママ。言い出せないけど家族全員での応援体制は整っている。一人で頑張ろうと思わないで!!

娘へ
もえのママ(60歳・女)

いつもお弁当を作ってくれてありがとう。仕事も忙しいのに、朝には用意されていてうれしいです。これで母も一日がんばって仕事ができます。
エピソード
料理をするのが好きな娘が、自分の分と一緒に母の分も作ってくれています。

母へ
山野柘榴子(30歳・男)

保育士のお母さん。昔は仕事に行くお母さんと別れるのがさみしくて泣いて困らせちゃったね。今は働く女性を支えるお母さんを尊敬しています。いつまでも輝いて!

母へ
山本 悠斗(11歳・男)

産んでくれてありがとう。お母さんは仕事でいそがしいのにぼくたちのことを見てくれてる。お母さんがいるとぼくはとてもうれしいし幸せです。いつもありがとう。

娘へ
ゆづママ(38歳・女)

仕事で、お留守番させてしまうことが増えたね。でも帰ってきて、昼食の食器がきれいに洗ってあるのを見ると疲れも消えるよ。優しい子に育ってくれてありがとう!
エピソード
娘の通う小学校は、長期休みに入る前の数日間給食がなくなり、午前授業になります。働くママは朝から通常の家事の他に昼食も用意しなければなりません。でも帰宅後、きちんと洗ってある食器をみると優しい気持ちになれるんです。

母へ
横尾 和宏(11歳・男)

お母さん、仕事でつかれているかもしれないけど、たまにはぼくにもあまえていいんだよ。これからもがんばって!!

母へ
鷲巣 杏香(10歳・女)

いつもありがとう!いつもお仕事や家のかじなどたいへんだけど私たちのためにありがとう!ママががんばった分、私が大人になったらその分幸せにするね♡
エピソード
あまりお母さんに本音を言ってないから・・・てがみでもなかなか伝えられない・・・

このページの上へ

自分への優秀作品メッセージ

わたしへ
あずさ(24歳・女)

今の職場が好きだからもし自分に子供が出来ても、産休・育休・育児短時間勤務をフル活用して現場復帰出来るよう頑張るんだぞ!!クビになんかなるなよ。
エピソード
上司から、子供がもしできても育休使って戻ってきてね、と言われたことがあるからです。でも、結婚できるかも分からないですが・・・(汗)

わたしへ
石田 純菜(17歳・女)

自分なんてバイトできないと思っていたのが嘘みたい。一生懸命笑顔で頑張っている自分が好き。辛いことも前向きで明るい気持ちで乗り越えていこうね!
エピソード
私は不登校の過去があり、人と関わるのが苦手でした。アルバイトも面接しても不採用が続き。自分が一番働きたくない所で受けたら合格し、最初は嫌だったけど信頼されてからはとても楽しく働いています!!ここでバイトできて本当に良かったです。

わたしへ
菊地 剛史(45歳・男)

仕事、仕事と言ってないで少しは家事でも手伝ってみなよ!子供達もそんな父親見てるかもよ。そしてママの負担も軽くなるかも!やってみるかな。

わたしへ
ぐっち(18歳・女)

将来の夢は体育教師!そのために大学も部活動も毎日がんばってるんだから大丈夫。体育は男子のほうが得意?そんなことない!男子に、自分に、負けない!

わたしへ
小城 ひろみ(46歳・女)

フルタイムで働き、息子に手をかけられなかったことを悔やみ謝ったとき「俺、幸せだったし今も幸せ。大丈夫」そう返事された成人式の日。思わず涙が出た。
エピソード
今年成人式を迎えた息子に20年間仕事優先にしてきたことを謝ったら返ってきた言葉に声も出ず、応援してくれたことを心から感謝しました。息子よ!君も社会人として頑張れ!!

わたしへ
今藤 邦亮(42歳・男)

それぞれの人生、挑戦の日々。未経験の仕事に取り組む姿。育児と仕事を両立する姿。職場復帰に向け、保育園を回る姿。さて俺は?よし、負けられない。
エピソード
様々なプライベートをかかえながら、仕事(復帰)に向きあっている女性部下へのメッセージを通じ、自分に対しても一言。

わたしへ
齋藤 菜々美(12歳・女)

お母さんやおばあちゃんは長い間、お仕事と子育てをがんばってきたんだね。私も2人みたいにお仕事や家族を守れる素敵な女性になりたいな。頑張れ私!

わたしへ
櫻井 友紀(39歳・女)

惣菜が母の味になりつつある我が家。「どんなご飯も気持ちがこもっているから大丈夫!」と娘達。仕事と育児の両立、いつか達人目指して頑張るぞ!

わたしへ
佐藤 美津(51歳・女)

毎日家事や仕事にフル回転の私なのに、水や空気と同じく当り前。本当にありがたいものは気づきにくいから、私から私へそして世のお母さんにありがとう。
エピソード
仕事帰りにスーパー寄って、帰ったら洗濯物取り込んで、ゆっくりする間もなく夕食の仕度。その間にも子供の宿題みたり、提出物のチェックしたりとお母さんは忙しい。たまに早く帰宅した時でも夫はドカンとソファに坐ったったまま、スマホゲームかTVのチャンネル変えてるだけ。何か頼んでも「俺は疲れてる、ゆっくりさせろ!」か無視。これを教訓に息子2人には積極的に家事をさせています。就活中の息子はスーツのアイロンも自分でかけて出かけて行きます。

わたしへ
38才3児の母(38歳・女)

せいちゃんが命をかけた手術を乗り越え自分の足で歩いてる。それを見て、母さんは看護師になると決めたよ。どうか母さんを応援してください。
エピソード
先天性代謝異常の病気を持って生まれた息子。寝たきりの生活も覚悟したが、肝移植を経て、現在、やんちゃな3才児。息子を救ってくれたすべての人に感謝し、同じような病気の子の為にも、私は看護師になると決めました。

わたしへ
J.A(47歳・女)

毎朝2Lのお弁当作り頑張ってるね。思春期の息子、最低限の会話も笑顔も見せてくれないが帰宅し空のお弁当箱が何よりの喜び。これで明日も頑張れるね。
エピソード
「まずい」と言わないが「美味しかった」とも言わない。唯一「ごちそうさまでした」と呟くがキッチンに向かいながら誰に向かっているのかどこを向いているのか・・・思春期の息子に多くは望めない。

わたしへ
昭和の清少納言(53歳・女)

4人の子供たちを育てた自分へ。自分のための時間がやっとできました。パソコン、スマホ。アナログだった今までを捨て、ITを使いこなせるようになる。
エピソード
いちばん下の息子が専門学校生になり、自分のための時間を使ってもいいかなと思いました。

わたしへ
鈴木 涼子(12歳・女)

私は算数が苦手です。でも、獣医になりたい。どうしても算数は好きになれないけど、獣医になって動物園で働くために、嫌だけど頑張る。頑張れわたし。
エピソード
獣医になってライオンやトラをお世話したり、助けてあげたいけど、お母さんは算数を頑張らないと獣医にはなれないよって言うので困っています。

わたしへ
竹内 広美(29歳・女)

親父のようにかっこよく働く!そして母ちゃんはあたたかいご飯と笑顔をおくる!1人でも絶対に守るって決めたんだもん!頑張れ親父母ちゃん!
エピソード
シングルマザーで、小学生の子供2人を育てています!昼は工場、夜は荷物の仕分け!稼ぐのに必死だけど、クタクタだけど、毎日温かいご飯を食べさせてます。必ず守る。必ず幸せにするって決めたんだもん。私も幸せです!

わたしへ
浜崎 友子(49歳・女)

中3反抗期の息子「かあちゃん仕事楽しいん?!」とボソ。「楽しい時も辛い時もあるさ。」「ふ~ん」息子よ、お酒を飲みながら仕事の話出来る日までかあちゃんがんばるよ!
エピソード
反抗期でなかなか家でも会話がない息子が言った一言。彼なりに受験や進路で悩み考えているのかな~と感じ、息子、そして自分にもがんばれ!という思いを込めて!

わたしへ
ひろひろ(38歳・女)

力は男性に劣る。頼らざる得ない時もある。でも狭い所の作業は小柄の私が有利。それで補う。他は対等。だから女性は…と言われぬ様、行動しよう。
エピソード
女性だからと力仕事を全くしない、涙で意見を通す女性がいた。男性に「だから女性はずるい」と言われた。出来る範囲の事はする。出来ない分は他で補う。男女対等とお互い感じる状況が、活躍の場を広げる事に繋がると思う。

わたしへ
まっさん(40歳・女)

帰宅すると、学童へのお迎え、お風呂準備、炊飯等を済ませてくれている子供達。笑顔で囲む夕飯の時間が増えたよ!その笑顔のために明日も頑張るぞ!
エピソード
4人兄弟の我が家。一番下の子が1年生になったことで、働く時間や仕事を変えました。帰宅時間が遅くなったけど、大きくなったお姉ちゃん、お兄ちゃんがたくさん助けてくれるから頑張れる。

わたしへ
山﨑 澄玲(11歳・女)

今は練習の時に、女子一人でペアができない時とか、女子でイヤな時があるけど、しょう来は絶対「なでしこ」になって、さわ選手を超える記録を出してやる!!
エピソード
サッカーを習っていて、男子とやる時にペアがなかなかできず、余ってしまい、イヤになることがよくあるから。

わたしへ
山崎 紀由(51歳・男)

決意表明します!子育てを卒業した私は職場の働く女性や子育てに頑張る従業員を先輩として応援します。

わたしへ
山根 明子(34歳・女)

そんなことない、頑張ってるよ。リビングは綺麗だし。子供達は元気だし。職場でだって上手くやってるじゃない。これでいいのよ。これで、いいのよ。
エピソード
家事、育児、パートに追われる主婦です。何となく、全部が中途半端になってるんじゃないかって、落ち込みそうに…でも私には、落ち込んでる暇もなかったんです。だから全部ポジティブに考えて、進むしかないと考え直しました。

わたしへ
Y.T(60歳・女)

仕事に行きたくないな~と思っているうちに会社に到着。笑顔で1日がおわり、今日もがんばったねとほめてあげたいです。

このページの上へ

スタッフおすすめ クスッと笑顔になるメッセージ

家族へ
(10歳・男)

だんだん生意きになってきたから、はんこうきももうすぐだよ。
 

家族へ
(11歳・女)

十一年間生きてきて、幸せなことがたくさんあったよ。それは、お母さんお父さんお兄ちゃんのおかげ。いつもありがとうを何回言っても言いきれないほど。

母へ
(11歳・男)

いつも良い事があればほめ、悪い事があればしかっていただきありがとうございます。そのおかげで毎日、規則正しい生活できております。

母へ
(11歳・男)

いつも母ちゃんは、おそいときもちゃんと朝に夕飯をつくっておいてくれたりして、とてもたすかります。でも、母ちゃんをババアとか言ってごめん、大好き。

母へ
(11歳・男)

お母さん、いつもぼくの世話をしてくれてありがとう。ぼくが会社にいくようになったら、ぼくといっしょに食べに行こうね。これからもよろしく。

母へ
(12歳・女)

毎日お仕事で疲れて帰ってくるママは、どんな時でも私の味方になってくれる。そんな優しいママと一緒にいるとなんだかハッピーな気持ちになるんだ。
エピソード
友達にいじられている時に母にそうだんしたら、気にしないほうがいいよ、とことばをかけてくれた。そんな母といると、いつもいつも私がハッピーになれる気がした。母にありがとうを伝えたいと思った。

母へ
(12歳・女)

母、私を大切に育ててくれてありがとう。いそがしく、家事や仕事をがんばっている母がだいすきです。私を育ててくれた母に感謝します。ありがとう。
エピソード
私が約束をやぶってしまい母におこられて、かなしい気持ちで夜ねました。朝おきたらなにごともなかったように母が家事をしていました。朝ごはんを食べてると目がうるんでしまいました。

妹へ
(11歳・男)

将来の妹はなんの仕事につきましたか?もし、大きな会社なら少し気をつけてほしいことがあります。リストラをされたり、トラブルがあるので気をつけて。

私へ
(53歳・男)

東京五輪そして退職まであと4年。でも待て!時間にすると35千時間もある。可愛い後輩のため、できる事を日々楽しみながら、頑張りましょう。
エピソード
365日×4年×24時間=35040時間

ペットのミルへ
(58歳・女)

なぜ?夜中にいつも泣いてるの。昼間ひとりぼっちでごめんね。それなのに癒してくれてありがとう。感謝してる。でも返事はいつもニャ~。長生きしてね。
エピソード
仕事がいそがしく、遅くに帰った時にあまりにも寂しそうにないていたので、せつなかったおもいで。

このページの上へ

ウーマノミクス推進キャンペーンに協力する企業・団体のみなさま

特別協賛

  • 株式会社 西武ホールディングス
  • 西武鉄道株式会社
  • 東武鉄道株式会社
  • 株式会社ぱど

協賛

  • 上尾メディックス
  • 浦和レッドダイヤモンズ株式会社
  • 浦和レッドダイヤモンズレディース
  • エキュート大宮(株)JR東日本ステーションリテイリング)
  • 大宮アルディージャ
  • 上里カンターレ
  • コクーン新都心(片倉工業株式会社)
  • (一社)日本女子プロ野球機構
  • 埼玉県武州和牛組合
  • 株式会社埼玉ブロンコス
  • 西武園ゆうえんち
  • 株式会社西武ライオンズ
  • NPO法人エルフェンスポーツクラブ
  • 株式会社でんきち
  • 東京スカイツリー
  • 東京ソラマチ
  • 東武動物公園
  • 東武ホテルレバント東京
  • 東武ワールドスクウェア
  • としまえん
  • (株)フォレスト
  • 株式会社プリンスホテル
  • 森乳業株式会社
  • 山崎製パン株式会社
  • 横浜・八景島シーパラダイス

協力

  • 埼玉高速鉄道株式会社
  • 埼玉新都市交通株式会社
  • つくばエクスプレス
  • 西武バス株式会社
  • 秩父鉄道株式会社

後援

  • 埼玉県教育委員会・さいたま市教育委員会・毎日新聞社さいたま支局